所持品を売ってお金に変える方法。高値で売れるものや売り先を紹介

不用品を売ってお金を手に入れる

どうしてもお金が必要になったとき、仕事をしていて安定収入があれば「借りる」という選択肢もあります。

でも、収入がない人は金融機関から借りることもできませんし、周りの人に貸してもらうのも気が引けますよね。

そういうときにおすすめなのが、所持品を売るという方法です。

ブランド品などの高級なものでなくても、実はお金になるものがいくつもあります。

ここでは、どんなものがお金になるのか、そしてどこで売ればいいのかについて詳しくご紹介していきます。

身近にあってお金になるもの15選

  1. 使っていないスマホ
  2. マンガや書籍
  3. 洋服
  4. CDやDVD
  5. ゲームソフト
  6. アニメグッズ
  7. アイドルグッズ
  8. ゴルフクラブ
  9. 釣具
  10. 楽器
  11. オーディオ機器
  12. デジカメ
  13. 家電
  14. 育児用品
  15. 資格教材

お金になる所持品は、意外とたくさんありますよね。

ただ、これらに該当するものが必ずしも値段がつくとは限りません。
どのようなものならお金になるのか見ていきましょう。

使っていないスマホ

生活の必需品にもなっているスマホですが、新機種に買い替えたときに古い端末が手元に残っているなら高値で売れる可能性があります。

特にiPhoneはリセールバリューがとても高く、数世代前のモデルでも3万円以上の値段がつくこともあります。

あまりにも古すぎるAndroid端末や不人気機種ですと、100円程度にしかならないこともありますが、2〜3年前くらいの人気モデルなら思わぬ値段で売ることができます。

ただし、売る前には必ず初期化してデータを消去しておきましょう。

マンガや書籍

所持品を売るときの定番がマンガや書籍です。マンガは全巻セットになっていると高値になりやすく、小説なども発売直後は高値で買い取りしてもらえます。

ただし、状態が悪いものや古すぎるものは買取不可になることもあります。

また、高く売れると言っても、古本屋さんで売る場合には1冊平均で100円になればいいほうです。

高く売りたいのであれば、手間がかかってもメルカリやヤフオクなどの利用がおすすめです。

洋服

意外と高く売れるのが洋服です。高級ブランドでなくても、誰もが知っているメーカーの服であれば売ることができます。

買ったけど、1度も着ていないというような洋服であれば、かなりの値段を付けてもらえることもあります。

洋服を売るときのポイントはシーズンを考えて売るということです。

真夏にコートを売っても欲しいと思う人はいませんし、古着屋でも在庫になるだけなので買い叩かれてしまいます。

いま必要としている人のいる服を売るようにしましょう。

CDやDVD

最近は音楽や映画をダウンロードする人が増えてきましたので、以前ほどCDやDVDのニーズは高くありませんが、人気のあるアーティストのCDや話題になった映画のDVDなどは、高値で買い取りしてもらえます。

限定版などは定価よりも高く買い取りしてもらえることもあります。

ゲームソフト

ゲームソフトも高く売れる所持品のひとつです。基本的には発売から間もない話題性の高いソフトのほうが高値はつきますが、それよりも高値がつくのがファミコンなどのレトロゲームです。

箱や説明書が残っているなら10万円以上の値段がつくものもあります。

そのようなレトロゲームを普通の買取店に持っていくと、その価値が分からずに二束三文で引き取られる可能性があります。

少し手間を掛けてでも、レトロゲームを専門に取り扱っているお店で売るようにしましょう。

アニメグッズ

アニメグッズはコアなファンが多く、入手困難な限定品などは元値の何倍もの値段で取引されています。

特に人気が高いのがフィギュアで、数万円の値段がつくことも珍しくありません。

このような人気商品を売るのにはヤフオクなどのネットオークションがおすすめです。

また、セットになっているものをコンプリートして売ると高値がつきやすいので、不足分がある場合には、それを中古で購入してから売るようにしましょう。

アイドルグッズ

アイドルグッズもアニメグッズと同じくコアなファンの多いアイテムです。

直筆のサインがあるグッズをネットオークションに出すと、信じられないような値段になることがあります。

ただし、アイドルグッズの価格は人気に比例するので、人気のないアイドルのグッズにはほとんど価値がありません。

ジャニーズなどの息が長いアイドルのグッズや、今が旬のアイドルのグッズがある場合にはネットオークションに出すか、専門の買取業者に売却しましょう。

ゴルフクラブ

ゴルフクラブは新品で揃えるとかなりの金額になることもあり、中古で購入したいというニーズが多いアイテムです。

このため、人気ブランドのゴルフクラブや状態のいいものですと、1本1万〜2万円くらいで売れることもあります。

釣具

釣りもゴルフと同じく愛好家が多く、中古釣具も人気があります。

最新のリールであれば1万円以上の値段がつくこともあります。

釣り竿やリールだけでなく、クーラーボックスやフィッシングウェアなども売却可能ですので、使っていないものがあれば売りに出しましょう。

楽器

趣味で買ったギターやベース。

いつの間にか飽きてしまって使っていないのであれば、それも高値で売ることができます。

ただし、楽器はどこに売るかによって値段が大きく変わります。

元値が高い楽器を売るなら楽器の買取専門店がおすすめで、それほど高価なものでないなら、ヤフオクやメルカリなどの個人売買を利用しましょう。

オーディオ機器

iPodやウォークマンなどの携帯端末だけでなく、スピーカーやアンプなどの据え置きタイプのオーディオ機器も高値で買い取りしてもらえます。

リサイクルショップでも買い取りしてもらえますが、高く売りたいのであれば専門店を利用しましょう。

特に古いオーディオの場合は、専門店で数十万円の値段がついたのに、リサイクルショップでは0円と査定されることもあります。

安価なコンポなどを売るならリサイクルショップでもかまいませんが、価値がありそうなものは専門店で売却しましょう。

デジカメ

最近はスマホできれいな写真を撮れるようになってきたので、安価なコンパクトデジカメなどはあまり高値になりませんが、新品の価格が5万円以上するような高級デジカメや、一眼レフ、ミラーレスといったカメラは高く売れます。

カメラ本体だけでなく、レンズや三脚といったアイテムも安定した価格で売れますので、購入したものの使いこなせずに保管してあるデジカメや周辺機器があるなら、中古カメラ専門店やヤフオクなどで売ってください。

家電

お金が必要だからといって、使用中の家電を売るということはないかもしれませんが、コーヒーメーカーや食洗機のように、買ったけどほとんど使っていない家電もありますよね。

そのような家電も売ることができます。ただし、家電には寿命がありますので、古いものはほとんど値段が付きませんので注意してください。

育児用品

子どもが小さかったときに使ったチャイルドシートやベビーカーなども売ることができます。

購入から時間が経過しすぎているものは、安全面から買取不可になることもありますが、5年以内であればまだ高値をつけてもらえます。

今後使う予定がないのなら、売ってお金に変えてください。

資格教材

意外と高く売れるのが資格教材です。

資格学校のテキストやDVDなどはとても人気が高く、教材にラインを引いてあるものでも値段が付きます。

strong>人気が高いのは公務員試験や行政書士などの試験教材で、教材セットで1万円以上の値段で買い取りしてもらえるケースもあります。

資格取得のための学校に通っていたことがあり、その頃の教材が手元に残っているなら、資格教材の買取専門店か個人取引を使って高く買い取りしてもらいましょう。

即日で売りたいなら、店舗への持ち込みか出張買取を利用する

所持品を売るときに重要なのが、どこで売るかということです。

一般的な売却方法としては下記の方法があります。

  • リサイクルショップ
  • 専門分野に特化した買取店
  • ヤフオク
  • メルカリ

このうち、リサイクルショップはあまりおすすめではありません。

何でも買い取りしてもらえるというメリットはありますが、専門的な知識が低いため買取価格が安くなる傾向にあります。

すぐにでもお金が必要で、なおかつ高く売りたいのであれば専門分野に特化した買取店を利用しましょう。

スマホの売却であればスマホを専門的に買い取りしているお店を選びます。

近くにお店がある場合には持ち込みで査定してもらい、店舗が近くにない場合や売りたいものが大量にある場合には、出張買取してくれる業者に売りましょう。

メルカリ、ヤフオクなどは入金までに時間がかかる

最近はメルカリを使って所持品を売る人も増えていますが、メルカリやヤフオクといった個人売買は現金化するまでにどうしても時間がかかってしまいます。

リサイクルショップや買取専門店よりも高く売れるというメリットがありますが、今すぐお金が必要だという場合には適していません。

例えば、2週間後に友だちの結婚式があって、そのご祝儀にお金が必要というような、ある程度時間に余裕があるような場合に活用してください。

また個人売買ですので、代金が支払われないなどのトラブルになりやすく、自分で発送手続きも行わなくてはいけませんので、思った以上に手間がかかるというデメリットもあります。

自分の住所を相手に知られてしまうリスクもありますので、よく考えてから利用しましょう。

外出が難しい場合は「cash」などのアプリ利用も検討

メルカリやヤフオクはスマホ1台で利用できて便利ですが、現金を手にするのに時間がかかるといったデメリットがあります。

とはいえ、忙しくて外出が難しくてお店に持ち込みする時間がないという人もいるかと思います。

そんな人におすすめしたいのが質屋アプリの「cash」です。

アプリを使って自分の所持品の写真を撮るだけで、その所持品の査定額が表示されます。

その金額で納得できれば、最短でその日のうちに入金してもらえます。所持品は2週間以内に指定された場所に送るだけですので、家から一歩も出ずにお金を手にすることができます。

査定額の上限は2万円ですので、それよりも価値のあるものでも2万円になってしまいますし、買取価格もあまり高くはないなどのデメリットはありますが、とてもお手軽でスピーディーに現金を手にすることができます。

急いでお金を手にしたいという人は利用を検討してみましょう。

まとめ:情報収集をしっかりしてから売るようにする

便利なアプリが増えてきて、所持品のほとんどが何らかの値段を付けて売れる時代になっています。

ブランド品の空き箱ですら値段を付けてもらえます。

売却方法も増えて、スマホがあれば、それだけで所持品を売れるようになっています。

ただし、そのような手軽な売却方法を使った場合、本来の価値よりも安値で手放してしまう人も増えています。

そうならないためには、きちんとした事前準備が必要です。

少し面倒に感じるかもしれませんが、売却前にきちんとリサーチして、買取額の相場を把握しておきましょう。