カードローンは何社まで借りれる?複数借り入れ中で、追加融資が欲しい方へ

カードローンは何社まで借りれる?

最初は1社だけからの借入れのつもりが、借りたお金を返すために他のカードローンを借りてというのを繰り返した結果、すでに何社もの金融機関からお金を借りている人いますよね。

借りている数が増えてくると、 「そろそろ審査落ちするかも」と不安になってきますよね。

カードローンは何社まで借りることができるのか、気になっている人のために、ここでは借入件数ごとの借りやすさについてご紹介していきます。

2社目までは、安定収入があれば借りやすい

2社からの借入れであれば、基本的に問題なく融資を受けられます。

マイカーローンを払いながらカードローンを利用することは珍しいことではありませんし、多くの人がクレジットカードのキャッシング枠を持っていますよね。

このように複数のローンを同時に利用することは特別なことではなく、カードローンであっても2社から同時に借りることを咎められることはありません。

この段階で返済困難になることも考えられませんので、安定収入さえあれば2社目までは簡単に借りることができます。

3社目からは、希望金額に届かないことが多い

3社目になると少し事情が変わります。

借りられるかどうかでいえば、それほど問題なく借りることができますが、希望金額から減額しての融資になることがあります。

詳しくは後ほど説明しますが、これは過剰融資になるのを防ぐための措置です。

すでに借りている2社からの借入額が多いのに追加融資をうと、返済困難な状態になってしまう可能性があります。

消費者金融からの借入れであれば合計が年収の1/3以内が借りられる上限になると考えてください。

年収:450万円
消費者金融A:70万円
消費者金融B:50万円

このような状況で消費者金融Cに50万円貸してほしいと依頼しても、50万円を貸してしまうと返済困難になり、破綻する可能性があるため「30万円なら貸せます」と提案されることになります。

4社目以降は、大手金融機関は借りにくい

4社目以降の借入れとなると、審査のハードルが一気に上がります。

公務員のような将来も確実に安定収入がある場合を除き、大手銀行ではまず審査に通りません。

大手消費者金融も審査落ちする可能性がかなり高くなります。

3社からの借入れなら言い訳が通りますが、4社からの借入れは明らかにお金の管理がきちんと出来ていない証拠です。

そのような人に融資をすると、最終的に返済ができなくなって自己破産などの債務整理をされてしまう可能性があるため、融資する側もかなり慎重に審査を行うため、借りにくくなっています。

ただ、中小消費者金融であれば、大手が融資しない人をターゲットにしているため、少額の融資を行ってくれることがあります。

借り入れ件数より、借り入れ金額が問題。総量規制に注意

借入件数が多いのはお金の管理がルーズであるということで審査落ちに繋がりますが、実はもっと大事なのが、いくら借入れしているかということです。

すでに簡単に触れましたが、消費者金融は年収の1/3までしか融資を行ってくれません。

正確には、貸金業法により年収の1/3までしか、融資を行ってはいけないという決まり(総量規制)があります。

その1/3というのはすべての貸金業からの借入れ合計ですので、他社からすでに高額な借入れをしている場合には、融資をしたくても出来ない状況にあるわけです。

複数の消費者金融から借りるときには、この総量規制を常に意識しておく必要があります。

また、融資可能額が100万円で60万円しか借りていなくても、審査をするときには100万円を借りているのと同じことだと判断されますので注意してください。

銀行カードローンやクレジットカードは総量規制対象外。4社目以降借りれるのか?

総量規制は貸金業者にのみ適用されますので、銀行は対象外です。

このため、銀行なら借りている金額にも関係なく4社目以降も借りられるのでは?と思う人もいるかもしれません。

でも残念ながら銀行で4社目以降の借入れはかなり難しいと考えてください。

理由のひとつはすでにご紹介しましたように、4社からも借りている人はお金の管理が出来ていない人ですので基本的には審査で落とします。

また、銀行は金融庁などから過剰融資をしないようにとの通達を受けていますので、自主規制として年収の1/2程度の上限を設定しています。

このため特別条件のいい人なら4社目として利用できることがありますが、借りることができる金額に限度があります。

ちなみにクレジットカードも総量規制対象外とされていますが、対象外なのはショッピング枠だけでキャッシング枠は総量規制の対象です。

ただし、すでにキャッシング枠があるなら、その範囲内で借入れは可能です。

これはキャッシング枠を考慮して、消費者金融が融資額を決定しているためです。

逆に言えば、キャッシング枠のあるクレジットカードをたくさん持っていると、消費者金融でも2社目3社目で融資を断られることがあります。

キャッシングを使わずにカードローンでお金を借りたいのであれば、キャッシング枠をゼロにするか、クレジットカードの解約をしてから審査を受けましょう。

返済不能状態でも貸してくれるのは闇金しかない

複数の金融機関から借りすぎて返済不能状態になってしまうと、そこから貸してくれるのは闇金しかありません。

闇金業者もそのような人を狙って融資を行っていますので、ダイレクトメールやSNSなどで「うちなら貸せますよ」と誘ってきます。

これには絶対に応じないでください。

闇金業者は金利が高いだけでなく、どうやっても完済できないように様々な方法で利息を搾り取ろうとしてきます。

金銭的に余裕がある状態なら、損を覚悟で借りるという方法もありますが、返済不能状態にある人が借りると泥沼にはまるだけです。

「自分だけは大丈夫」「少しくらいならなんとかなる」と思って闇金から借りて破綻した人は数え切れないほどいます。

反対になんとかなった人はほんのひと握りです。

借金が複雑化するだけですので、闇金はどんなことがあっても利用しないでください。

さらなる借り先を探すより、借金減額の検討を

どこからも借りられなくなって、でも闇金はNGだとすると、いったいどうやって借金を返済すればいいのでしょう?

このような状況になったら、もう借金を返済するなんて言っている場合ではありません。

完全に行き止まり状態にありますので、どこからも借りられないなら、そこからは債務整理の検討を始めてください。

債務整理を行うと家などの資産を失うと思っている人も多いようですが、債務整理にはいくつかの種類があり、借金を整理して元本だけを返していく任意整理なら、資産を持ち続けることができます。

これらの債務整理は弁護士事務所や司法書士事務所で相談にのってもらえます。

相談するお金がなくても、無料相談に応じてくれる弁護士や司法書士もいますので、自分1人で悩まずに、まずは借金を減額できないか相談してみましょう。

まとめ:借入件数よりも借入金額に注意

何社までカードローンを借りられるかについて説明してきましたが、4社目以降が難しくなるというのが結論です。

ただし、公務員や上場企業の社員のようにステータスが高い人なら、4社目でも融資を受けられる可能性があり、反対にステータスが低い人は3社目でも断られる可能性があります。

それよりも重要なのは、現状でいくら借りているのかということです。

消費者金融は総量規制により、年収の1/3までしか借りることができず、銀行は自主規制として年収の1/2までしか借りることができません。

それぞれ他社からの借入も含んでの金額ですので、他社から高額な借入れをしている場合には、借入件数に関係なく審査落ちしますので、注意してください。

また、どこからも借りられなくなったとき、闇金業者から声をかけられるかもしれませんが、これには応じないようにしましょう。

この場合にはなんとかして返済しようとするのではなく、弁護士や司法書士に債務整理の相談をして、どうすればいいのかのアドバイスをもらいましょう。