主婦でもお金借りれるところはどこ?パート主婦・専業主婦に分けて解説

共働きの主婦も専業主婦も大丈夫!

お金を借りにくい属性のひとつに主婦があります。

とはいえ、主婦でもパートやアルバイトをしている人もいれば、まったく収入のない専業主婦もいますよね。

どんな主婦でも同じように審査が厳しくなるのでしょうか?

もし借りることができるなら、どこで申し込みをすればいいのでしょう。

ここでは主婦がお金を借りるときに、どこで借りればいいのか、そして借りるときの注意点などをまとめてご紹介していきます。

専業主婦とパート等で収入がある主婦では、お金を借りる条件が全く違う

主婦といっても収入のない専業主婦と、パートやアルバイトで収入のある主婦とでは借りるための条件が違ってきます。

消費者金融などの貸金業者は、総量規制というルールによって年収の1/3以上は融資をしてはいけないと決められています。

このため、収入ゼロの専業主婦は消費者金融お金を借りることができません。

一方で銀行の場合は総量規制の対象外ですので、専業主婦でもお金を借りることができます。

ただし、収入ゼロの専業主婦がお金を借りることになりますので、夫の収入を頼りに借りることになります。

パートやアルバイトをしている主婦の場合は、安定した収入さえあれば銀行でも消費者金融でも借りることができます。

主婦といっても収入の有無によって借りる条件が違ってきます。

収入がある場合とない場合、それぞれのケースでどこから借りるべきか、もう少し詳しく説明していきます。

収入がある主婦は、立場的には会社員とほぼ同じ

働いていて収入がある主婦は、立場としては会社員と変わりません。

基本的には銀行でも消費者金融でも借りることができます。

ただし、銀行は正社員でも審査が厳しく、パートやアルバイトでは借りられる金額がかなり低くなってしまいます。

このため、少しでも多く借りたいのであれば、消費者金融のカードローンがおすすめです。

金利は高めですが審査の基準が銀行よりも低く、安定した収入さえあれば、年収の1/3まで融資を受けられます。

収入がある主婦向けのカードローン

自分で主婦でも借りられるカードローンを探すのが難しいという人もいると思いますので、ここではおすすめの消費者金融カードローンを3つご紹介します。

アコム

利用可能額:1万~800万円
金利:年3.0~18.0%

最高800万円と高額な借入れが可能な消費者金融のカードローンです。

利用限度額が50万円以下の場合には収入証明書も不要で、審査時間は30分、即日融資にも対応しています。

初めての利用の場合には30日間金利0円で利用できるサービスも行っています。

プロミス

利用可能額:500万円まで
金利:年4.5~17.8%

プロミスもアコムに並ぶ大手消費者金融ですが、最大の特徴はスマホアプリで融資を受けられるアプリローンにあります。

最短1時間で融資が可能で、ローンカードなしで全国のセブン銀行ATMからの借入れが可能です。

モビット

利用可能額:800万円まで
金利:年3.0~18.0%

モビットの最大の特徴はWEB完結申込にあります。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座があり、全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合保険証を持っていれば、在籍確認の電話や郵送物なしで契約でき、お金を借りていることが周りに秘密にできます。

本人無収入の専業主婦がお金を借りる方法

本人が無収入の専業主婦がお金を借りるには銀行のカードローンを利用するとお伝えしましたが、実は他にも借りる方法があります。

  • カードローンの配偶者貸付を利用する
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 銀行系カードローンを利用する

この3つが、専業主婦がお金を借りる方法です。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

カードローンの配偶者貸付を利用する

消費者金融では年収の1/3を超えての融資は禁止されていますが、専業主婦のように収入がなくてもお金が必要になる人を救済するために、配偶者貸付という制度が作られました。

これは、配偶者の収入を利用してお金を借りる方法です。

配偶者は自分の年収の1/3まで借りることができます。

年収が600万円なら200万円まで融資をうけられます。

もし配偶者がすでに120万円の借り入れがあったとすると、あと80万円借りることができます。

その余裕のある80万円分使って専業主婦がお金を借りられるようにしたのが、配偶者貸付です。

だったら、配偶者が借りればいいと思うかもしれませんが、家計の管理は専業主婦が行っていることが多く、いざというときに配偶者が仕事で身動きが取れないとなると困りますよね。

そんなときでもお金に困らないようにと、専業主婦の名義で借りられるようにしています。

配偶者貸付を行っているカードローン

配偶者貸付はどの消費者金融でも行っているわけではありません。

中小の消費者金融の一部が取り扱っているだけで、さらにホームページを見ても大々的にアピールしていないこともあります。

このため自分で探すのはとても難しいので、ここでは配偶者貸付を利用できるカードローンを3つご紹介します。

ベルーナノーティス

利用可能額:1万~300万円
金利:年4.5~18.0%

ベルーナノーティスは通信販売を行っているベルーナグループのカードローンです。

最短30分で審査が完了し、24時間以内に融資を受けることもできます。

専業主婦への融資も積極的に行っている消費者金融で、全国のコンビニATMと振込キャッシングでの借入れに対応しています。

レディースフタバ

利用可能額:10万~50万円
金利:年14.959~17.950%

レディースフタバは女性のためのローンを提供している消費者金融です。

ホームページ上では配偶者貸付に関する記載はありませんが、申し込みページで専業主婦を選ぶことができます。

即日融資も可能で、指定口座に振り込まれますので全国どこからでも利用可能です。

キャネット

利用可能額:最大300万円(初回:5万~50万円)
金利:年15.0~20.0%

キャネットはスピード融資に定評のある消費者金融で、通常のローン商品を配偶者貸付として借りる事ができます。

原則として北海道に住んでいる人を対象に融資を行っており、道外の人でも審査を受けることができますが地域によっては融資を断られることがありますので、注意してください。

ただし配偶者の同意書が必要なので、内緒の借入はしにくい

配偶者貸付は専業主婦の名義で借りられるので、とても便利な制度ですが、ひとつだけ難点があります。

それは配偶者の同意書が必要になるということです。

契約するときに配偶者の同意書も合わせて提出しなくてはいけませんので、黙って借りるということができません。

同意書だけでなく所得証明書も提出が必要で、場合によっては配偶者に連絡がいきます。

黙って借りようと思っていた場合には、配偶者貸付は利用できませんので注意してください。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

配偶者貸付ができない場合にはクレジットカードのキャッシング枠を使うという方法もあります。

すでに手元にあるクレジットカードにキャッシング枠があれば、それを利用してお金を借りることもできますし、新しくクレジットカードを作ってキャッシング枠を付けることも可能です。

ただし、クレジットカードによっては貸金業になってしまうので、専業主婦はキャッシング枠を設定できないこともあります。

その場合には、夫のクレジットカードで家族カードを作ってもらい、その家族カードにキャッシング枠を付けてもらいましょう。

専業主婦でも作れるクレジットカード

クレジットカードはカードローンよりも審査が厳しくありませんので、カードによっては専業主婦でも作ることができます。

ここでは専業主婦でも作ることができる3種類のクレジットカードをご紹介します。

楽天カード

年会費:無料
利用可能額:最大100万円
金利:年18.0%

楽天カードの申し込みをするには、楽天会員になる必要があります。

新規入会とカード利用で8000ポイントの楽天ポイントがもらえ、普段買い物でも楽天ポイントを貯めることができます。

楽天のサービスを利用することが多い人に、おすすめのクレジットカードです。

イオンカード

年会費:無料
キャッシング利用可能額:最大300万円
金利:年7.8~18.0%

イオンカードはイオングループでの買い物がオトクになるクレジットカードです。

申し込み当日に店舗でイオンカードを受け取ることができ、電子マネーのWAONにも対応しています。

イオンでの買い物が多いという人に適した1枚です。

三井住友VISAアミティエカード

年会費:税抜1,250円(初年度無料)
キャッシング利用可能額:最大50万円
金利:年18.0%

三井住友VISAアミティエカードは女性向けのクレジットカードで、年会費がかかりますが、国内・海外旅行保険が自動付帯、ショッピング補償も付くなと、様々なサービスを受けることができます。

年会費も条件次第で無料になりますので、買い物や旅行をする機会の多い専業主婦におすすめのクレジットカードです。

銀行系カードローンを利用する。ただし近年は返済能力が低い専業主婦の借入に厳しい

銀行なら専業主婦でもカードローンで借りることができるとお伝えしましたが、それは法律上問題がないと言うだけで、実際には専業主婦が借りるのは簡単ではありません。

実際に、メガバンクの多くが安定した収入がないと借りられないとしています。

借りることができるのは、ネットバンキングや地方銀行が中心で、配偶者の収入を利用して審査を受けることになります。

配偶者貸付との違いは同意書がいらないというだけで、配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ることもありますので、こちらも借入れがバレてしまいます。

そのうえ、審査もかなり厳しくなりますので、配偶者が公務員や上場企業の社員といったステータスの高い人でない限り融資を断られる可能性があるので、申込時にはそのことを頭に入れておきましょう。

注意:闇金被害に合う専業主婦が後を絶たない

専業主婦がお金を借りるときに気をつけてほしいのが闇金業者の存在です。

闇金業者はお金に困ってそうな人をターゲットに、違法な金利でお金を貸してくる業者です。

「専業主婦でもOK」「無審査融資!」といった宣伝をしていたら要注意です。

そんな怪しいところから借りないと思っていても、街金の中に巧妙に隠れていて貸金業界に詳しい人でないと、なかなか見抜くことができず、多くの専業主婦が返済に苦しめられています。

  • 固定電話のない金融業者
  • 貸金業登録がされていない
  • 年20%を超える金利での融資をしている

このいずれかに該当するような金融機関からはお金を借りないようにしてください。

貸金業登録番号があっても、偽装している可能性がありますので、怪しいと感じた場合には金融庁のサイトで本当に登録されているか確認してください。

金融庁登録貸金業者情報検索サービス:https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

また、闇金業者だと分かっていても「自分だけは大丈夫」と思って利用している人もいますが、大丈夫だった人はほとんどいません。

場合によっては家族の崩壊にも繋がりますので、絶対に利用しないように気をつけましょう。

まとめ:主婦がお金を借りるときは夫に相談する

パートやアルバイトをしている主婦なら、銀行や消費者金融からお金を借りることができますが、借りられる金額はとても少なくなります。

消費者金融ですと年収の1/3までしか借りられませんので、年収が90万円なら30万円が限度です。

専業主婦も配偶者貸付や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠などで借入れはできるものの、基本的にはどれも配偶者の同意が必要で、借りていることを秘密にするのは困難です。

このため、主婦がお金を借りなくてはいけなくなったときは、素直に夫に相談するのがおすすめです。

お金の管理ができていないと叱られるかもしれませんが、おかしな借り方をしてバレてしまうよりはマシです。

ただ、どうしても夫には秘密にしたいというのであれば、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で少額な借入れをしてください。

まとまった金額を黙って借りるのはトラブルの元です。

必ず夫に相談して、同意をもらってから借りるようにしましょう。