運転資金に困ったらファクタリング。売掛金がある事業主の金策手段

ファクタリングでお金を作る

中小企業にとって事業の運転資金はとても悩ましい問題ですよね。

売掛金はあるのに回収できておらず手元にはお金がない。そういうときに、銀行などから融資を受けられればいいのですが、金融機関は中小企業に優しくありません。

このようなときにおすすめなのがファクタリングという資金調達方法です。

ここではそんなファクタリングについて、分かりやすく説明していきます。

ファクタリングとは?その仕組について

日本のビジネスでは掛け取引が主流で、商品を売買したときの代金は決められた期日に後払いするのが一般的です。

このため企業間で物を売っても、現金を手にするまでにタイムラグが発生します。

このときの入ってくるはずのお金のことを売掛金と呼びます。

ファクタリングは、この売掛金に保証をかけたり、買い取りしてもらうサービスのことをいいます。

保証をかけておくと、貸し倒れが発生したときに保証会社が損失分を穴埋めしてくれます。

これを保証ファクタリングと呼びますが、こちらは資金調達には使えませんので、ここでは詳細な説明は省きます。

運転資金として使えるのが、買取ファクタリングと呼ばれるものです。

買取ファクタリングでは、ファクタリング業者が売掛債権を買い取りしてくれます。

売却代金は運転資金として使えますので、資金不足を解消することができるというわけです。

この買取ファクタリングは大きく分けて2つの方法があります。

  • 2社間
  • 3社間

この2つの違いは、得意先を含めて契約するかどうかにあります。

2社間では得意先には何も伝えずに売掛債権を売却して運転資金を入手し、得意先から売掛金の支払いがあったら、その売掛金をファクタリング業者に支払います。

この方法ですと、得意先にファクタリングしていることを知られることがありませんが、ファクタリング業者のリスクが大きいため、高額な利用手数料が発生します。

3社間の場合は得意先も含めて売掛債権の売却に合意する方法で、売掛金は得意先からファクタリング業者に直接支払われます。得意先に資金繰りが厳しいことを知られてしまいますが、利用手数料を低く抑えることができます。

ファクタリング申し込みから、実際に振り込まれるまでの流れについて

ファクタリングの流れは2社間と3社間で違いますので、それぞれの流れを見ていきましょう。

2社間の流れ

  1. ファクタリング業者への申し込み
  2. ファクタリング業者による調査
  3. 売却金額の決定
  4. ファクタリング契約
  5. 売却代金の支払い
  6. 得意先から売掛金の払い込み
  7. ファクタリング業者への支払い

2社間で行う場合には、売掛債権を自分で回収してファクタリング業者に支払わなくてはいけません。

ファクタリング業者によっては、債権回収も含めて依頼することも可能です。

3社間の流れ

  1. ファクタリング業者への申し込み
  2. ファクタリング業者による調査
  3. 売却金額の決定
  4. ファクタリング契約
  5. 売掛債権の譲渡
  6. 得意先への譲渡通知
  7. 売却代金の支払い

3社間で行う場合には、売掛債権の回収はファクタリング業者が行いますので、売却代金が支払われたらそれ以降にすることはありません。

ファクタリングと手形割引はどう違うのか?

昔から商売をしている人ですと、手形割引と似ていると思うかもしれません。

でもファクタリングと手形割引とでは大きな違いがあります。

手形割引は支払い期限を迎えていない約束手形を銀行などで換金する方法ですので、確かにファクタリングと似ています。

ところが、実際には換金ではなく融資を受けている形になりますので、もし約束手形を発行した得意先が倒産した場合、得意先に代わって返済する義務が発生します。

ところがファクタリングは売掛債権を売却していますので、得意先が倒産してファクタリング業者が回収できなくても、返済する義務が発生しません。

また、最近は手形での取り引きが減っているため、銀行も手形割引を嫌がるようになっています。

その結果、徐々にファクタリングでの資金調達を行う企業の数が増えつつあります。

ファクタリングと売掛債権担保融資はどう違うのか?

売掛金を使って資金調達する方法としては、銀行などの売掛債権担保融資というものがあります。

ファクタリングはこの売掛債権担保融資と混同されることも多いようですが、こちらもまったく性質の違うものになります。

売掛債権担保融資は売掛金を担保にして融資を受けます。

このため、返済は借りた人が行う必要があります。

もしその返済が滞った場合に、銀行は担保にした売掛債権を使って得意先から売掛金を回収し返済に充てます。

売掛債権担保融資は、担保として売掛債権を差し出しているだけで、仮に得意先が倒産して売掛金が回収できなくなっても、自社の借金として返済を続けなくてはいけません。

ただし、ファクタリングは売掛金額以上の調達ができないのに対して、売掛債権担保融資は、通常の融資と同じように大きな額の融資を受けることも可能です。

ファクタリングの謎。業者によって買取金額が違うのはなぜ?

ファクタリングで発生する手数料は、売掛金額の1〜30%とかなり幅があります。

このため、同じ売掛金であっても業者ごとに買取金額が違ってきます。

ある業者は100万円の売掛金を95万円の値段を付け、別の業者は70万円と値付けすることがあります。

このようなことが発生する理由としては、ファクタリングは日本での歴史が浅いため、契約内容やサービス内容がファクタリング業者ごとに違うということが挙げられます。

また2社間と3者間というファクタリング方式の違いも大きく影響しています。

2社間と3社間とでは下記のような手数料の違いがあります。

2社間:20〜30%
3社間:5〜10%

2社間は、売掛金の回収をファクタリング業者が行なえませんので、ファクタリング業者にしてみればリスクが大きいため、これほど高い手数料になっています。

仮に1000万円の売掛金があって手数料が30%なら、300万円も手数料で取られてしまいます。

このため、得意先に資金繰りが厳しいことが知られてしまうというリスクがあっても、できることなら3社間でのファクタリングを選ぶようにしましょう。

ファクタリング業者を選ぶ際に見る3つのポイント

ここまでの説明で、ファクタリングについての基本的な知識がついたかと思いますので、ここでは業者を選ぶときのポイントについてご紹介します。

手数料

まずポイントになるのが手数料です。

すでにお伝えしましたように、手数料は1〜30%と大きな幅があります。

当然ですが、手数料が大きくなると手にすることができる金額が小さくなります。

30%も取られたら、赤字になるというケースもありますよね。

緊急度にもよりますが、基本的には手数料の低いファクタリング業者を選ぶようにしましょう。

顧客への提案力

ファクタリングは日本ではまだ歴史の浅いサービスですので、ただ買取だけをしているような業者も中にはいます。

ファクタリング業者を装った闇金業者もいますので、業者選びがいかに重要なのかが分かるかと思います。

そんな中で、きちんとした業者かどうかを判断する基準として、提案力があります。

実績のあるファクタリング業者は依頼主の経営状況や売掛金の種類に応じて、様々な提案をしてくれます。

サービスの説明を受けて親身になって提案してくれていると感じた、業者を選ぶようにしましょう。

反対に明らかに不利な条件を提案してきたり、担保や保証人を要求してきたりしたら、その業者の利用は避けておきましょう。

口コミや評判

実際に利用した人の口コミや評判も参考にしてください。

利用者の多いファクタリング業者は名前を検索するだけで、インターネットで口コミや評判を簡単に調べることができます。

もし業者名を検索しても、それらの情報が出てこない場合には利用者の少ない業者ですので、あまりおすすめできません。

トラブルにならないためにも、利用者が多くて実績があるというのはとても重要です。

口コミが見つかった中でも、評価が高い業者に依頼してください。

評判のよいファクタリング業者ベスト3

  1. 資金調達プロ
  2. 事業資金エージェント
  3. エルネスト

評判のよいファクタリング業者を自分で調べられない。

そういう人におすすめの優良業者がこの3社です。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

資金調達プロ

資金調達プロは資金調達のための情報発信を行っているサイトで、そのサービスのひとつとしてファクタリングも行っています。

利用事業者数は1万社を超えており、全国24時間対応で最短即日での資金調達を行えるファクタリング業者です。

ホームページ上で資金調達可能かどうかを簡易的に診断することができますので、取引スピードの速さに定評があります。

URL:https://shikin-pro.com/factoring_realtime

事業資金エージェント

事業資金エージェントは500万円までの資金調達であれば、来店も対面審査もなくオンラインで完結できるファクタリングサービスを提供しています。

最短3時間というスピード取引と、業界最低水準の手数料(1.5%〜)が魅力のファクタリング業者です。

必要な資金額がそれほど大きくないけど、すぐにでもお金が必要だというケースに適しています。ただし、2社間での取引の場合には手数料が高額になる可能性もありますので、利用前には必ず手数料の確認を行ってください。

URL:http://js-agent.com/index2.html

エルネスト

エルネストは即日で最大3億円まで資金調達できるファクタリング業者です。

ファクタリングだけでなく経営コンサルティングも行っていますので、ファクタリング以外の資金調達方法の提案を受けることもでき、様々な角度から経営をサポートしてもらえます。

ファクタリング手数料は3%〜ですので、銀行などから融資を受けるよりも低コストで資金調達ができます。

総合的な支援を受けたいときにおすすめのファクタリング業者です。

URL:http://elnest-facto.com/lp/2/

まとめ:運転資金が必要で売掛金があるならファクタリングを活用しよう

ファクタリングはまだまだ日本での認知度が低い資金調達方法ですが、手数料が高いということを除けばリスクも低く、スピード感を持って対応してもらえる魅力的なサービスです。

どうしても現金が必要になったとき、売掛金があるなら上手に活用してください。

気をつけるポイントは2つです。

1つは手数料を確認するということです。

業者ごとに手数料に開きがありますので、3〜4社に見積もりをしてもらうといいでしょう。

時間に余裕がない場合には、手数料が高くなっても2社間、急ぎでない場合には手数料の低い3社間で利用してください。

もうひとつ重要なのが業者選びです。

悪徳業者が紛れ込んでいるのがファクタリングです。

利用前にリサーチを行って、利用者数が多くて評判のいい業者を選んでください。自分で探すのが難しい場合には、ここでご紹介した3社の中から選んでください。