障害者がお金に困ったら。ローン他、お金を借りる方法について

障害者の人がお金を借りる方法

体に障害を抱えていると、健常者と比べるとできる仕事が限られてしまいますし、普段の生活の中でも思い通りにいかないことが多いですよね。

そんな障害者でも、お金に困ることってありますよね。

むしろ障害者だから資金が必要になることもあるはずです。

ここではそんな障害を抱えた人が、ローンを借りるときのポイントについてご紹介します。

借りられないかもしれないと不安になっている人のために、どうすれば借りやすくなるのかを分かりやすくご紹介していきます。

原則的に障害を理由に金融機関からお金を借りれないということはない

障害を抱えた人は、お金を借りにくいのではないかと心配するかもしれませんが、原則としてそれを理由にローン融資を断るということはありません。

ただし、いくつか注意したい点がありますので、カードローンと住宅ローンに分けてポイントを見ていきましょう。

カードローンの場合

カードローンの審査では、そもそも障害者であることを申告する必要もありませんので、健常者とまったく同じ基準で審査を受けることになります。

運転免許証を持っていないので、本人確認書類として健康保険証やパスポートなどを出すことになりますが、それらを提出しても障害者であることは金融機関には伝わりません。

ただし、障害の関係で収入が少ない場合は、それによって審査落ちすることはあります。

消費者金融は法律により年収の1/3までしか借りることができませんし、銀行も自主規制で年収の1/2程度しか貸してくれません。

年収が少ない場合には、高額な借入れが難しいので注意しましょう。

また、障害があって働けないという場合には、安定した収入がないということで融資を受けることができません。

「障害者年金がある」という人もいますが、障害者年金ではお金を借りることはできません。

これについては後ほど詳しく説明します。

住宅ローンの場合

住宅ローンの場合は、事情が少し変わってきます。

こちらも障害者だからという理由でローンを組めないということはありません。

東海ろうきんのように、障害者のための住宅ローンを用意している金融機関もあります。

問題になるのは、団体信用生命保険に加入できるかどうかという点です。

ほとんどの住宅ローンで団体信用生命保険への加入が融資条件になっており、お金を借りた人が死亡した場合に、保険によって住宅ローンを返済できる仕組みになっています。

団体信用生命保険は生命保険ですので、加入するには健康状態が問われることになります。

このため、障害の種類や状態によっては団体信用生命保険に加入できず、ローン審査を通過できないということもあります。

ただ、この場合も団体信用生命保険加入が任意のフラット35を利用することで、加入できないという問題は回避できます。

外出が困難な人は、ネットや電話での契約がおすすめ

カードローンを借りるときに、障害者であることは不利にならないとお伝えしましたが、障害によって外出が困難な人の場合には、物理的な問題があります。

例えば無人契約機の利用が必須になっていても、車いすに対応した無人契約機はほとんどありません。

このような場合には、WEB完結で利用できるローンや電話や郵送などを使って来店不要で契約できるローンを選びましょう。

ローンカードが手元に届くのに時間がかかってしまうというデメリットもありますが、振り込みでの融資に対応しているローンを選べば、指定口座に振り込みしてもらえます。

また、最近はスマホアプリで融資を受けられるカードローンも出てきました。

このように自宅にいながら契約できるローンが増えつつあります。

ホームページなどで、来店不要であることを確認したうえで申し込むようにしましょう。

ただし、契約内容を本人が把握できなければ、ローンを組むことは困難

ここまでの説明で、障害者が借りるためのハードルはそれほど高くないことが分かってもらえたかと思います。

でも、障害者がお金を借りるときにひとつだけ注意しなくてはいけない点があります。

それが、契約内容を本人が理解できているということです。

例えば知的障害者の場合は、本人の意志で借りているのかが分からないため、返済能力があってもローンを組むのは簡単ではありません。

申込み内容の確認の電話がかかってきたときに、十分な対応をできなくて断られる可能性があります。

全盲の方の場合は、契約書類を読むことができませんし、耳が聴こえない場合には確認の電話への応対ができません。

このように判断能力はあるけど、それを示せないというような場合にも審査で落とされる可能性がありますので注意してください。

障害年金は金融機関に「安定収入」とみなされるのか?

障害者年金ではお金を借りることができないとお伝えしましたが、この点についてもう少し詳しく説明します。

1級の障害者年金の場合には15万円以上の支給が見込まれます。

子どもがいる場合には年間で250万円近く受給できるケースもあります。

フリーターよりも自由に使えるお金が多く、さらに安定して入ってくるのでお金を借りる条件としては問題ありません。

ところが、年金を担保にしてお金を融資することが禁止されているため、どの金融機関も安定収入としてくれません。

カードローンなら無担保だから、年金を担保にするわけではないと思うかもしれませんが、契約としてはそうであっても、実質的に障害者年金を担保にしているのと変わりません。

障害者年金だけで生活している人に融資して返済が滞ったら、金融機関は年金からの返済を求めます。

それによって障害者の生活が圧迫され、生活できなくなる可能性もありますので、そういうリスクを回避するためにも、障害者年金収入のみの人には融資をしてくれません。

金融機関以外から障害者がお金を借りる方法

銀行も消費者金融も安定した収入のある人には積極的に融資を行っていますが、少しでも条件が悪い人にはなかなかお金を貸してくれません。

実際に消費者金融の場合には、審査の通過率が50%禅語ですので、半分の人が審査落ちしています。

このため、障害者であるかないかに関係なく審査落ちする可能性があります。

ただし、障害者の場合には金融機関以外からも借入れすることができます。その方法についてご紹介します。

生活福祉資金貸付制度を利用する

障害者の場合には、国が用意した生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りることができます。

生活福祉資金貸付制度の融資対象は低所得世帯と障害者世帯、そして高齢者世帯の3つの世帯です。

連帯保証人がいる場合には無利子、いない場合でも年1.5%の低金利でお金を借りられます。

ただし、障害者として借りられるのは福祉資金や教育支援資金のみで、障害者のために使われる場合にのみ利用できます。

生活費などを借りる場合には、低所得世帯になっている必要がありまますので、十分な収入がある場合には融資を受けられない可能性があります。

障害年金を担保に独立行政法人福祉医療機構で借りる

年金を担保にお金を貸すことは法律で禁止されていますが、それでは年金生活者が突発的にお金を用意しなくてはいけなくなったときに困りますよね。

そんなときのセーフティーネットとして、独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資貸付けがあります。

独立行政法人福祉医療機構は法律で唯一認められた年金を担保に融資できる制度で、10万円~200万円の範囲内かつ、受給している年金の0.8倍もしくは1回あたりの返済額の15倍以内で融資を受けることができます。

ただし、この制度は平成34年3月末で終了予定です。

将来的には利用できなくなりますので注意してください。

障害者を狙う詐欺まがいの融資には注意を

障害者はローンを借りにくい人が多いため、それを逆手に取った詐欺まがいの融資が行われています。

発達障害がある人はこれらのトラブルに巻き込まれやすく、押し貸しなどの被害にあうという事件が続いています。

どこからも借りられなかったとき、「誰でも無審査で借りられます」と言われるとちょっと心が揺れてしまいますよね。

でも、無審査で融資をしてくれる正規の金融機関はどこにもありません。

無審査で融資をしているのは100%闇金業者です。

その特徴としては法外な金利で融資を行うことにあります。

もし金利が年20%だった場合には、絶対に借りないようにしましょう。

高額な利息を払うだけでなく、持っているお金をすべて搾り取られてしまいます。

怪しいなと思ったら、その金融機関から借りるのはやめておきましょう。

まとめ:周りに相談しながらローンを借りよう

障害者だから借りられないということはありませんが、障害者だからこその借りにくさというのはあります。

障害が影響して、ローンを借りられないというケースも実際にあります。

ただ難しいのは審査に落ちる理由が、本当に障害が原因なのか分からないという点にあります。

銀行や消費者金融のカードローンは健常者でも半数が審査落ちします。

このため、借りられない理由が他にある可能性もあります。

自分で判断が難しいのであれば、金融に詳しい友人やファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談してみましょう。

お金を借りることを相談するのは恥ずかしいかもしれませんが、知識不足で詐欺に合ってしまうと、借金問題がさらに拡大してしまいます。

お金が必要な理由をきちんと伝えて、周りの人に協力してもらいながら借りることをおすすめします。