自分の信用情報を調べる方法。自分が借りれるかどうかがわかる

自分の信用情報を確認する3つの方法

カードローンやクレジットカードのキャッシングなどは、信用をベースに融資を行っています。

信用ができる人には融資を行い、信用できない人は審査を通してもらえません。

そうなると自分が信用してもらえるのかどうか気になりますよね。

それらの情報は個人信用情報機関で管理されており、手続きを行えば自分の信用情報を調べることができます。

ここでは個人信用情報機関に関する基礎知識と、自分の信用情報を調べる方法についてご紹介します。

個人信用情報機関とその役割について

個人信用情報機関では、お金を借りた人の属性や契約状況、取引の状況などの情報を収集し管理を行っています。

例えば銀行のカードローンを契約した場合には、その銀行は加盟している個人信用情報機関にその情報を提供します。

個人信用情報機関はその情報をデータとして管理します。

借りたときの情報だけでなく、返済の履歴なども常に最新の情報が追加されていきます。

個人信用情報機関にはいくつもの金融機関が加盟しており、管理された個人信用情報は加盟している金融機関で共有できるようになっています。

このため、A社から借りたお金の返済が滞った場合、同じ個人信用情報機関に加盟しているB社もC社も滞納や延滞した履歴を把握できるようになっています。

A社で滞納をして、A社から借りられなくなった人が、B社のローン審査を受けるとします。

B社は個人信用情報機関に対してその人の照会を行いますので、A社で滞納したことを知ることになります。

他社で滞納実績のある人は、自社でも同じことをする可能性があるので、B社も融資を断るというわけです。

反対にA社できちんと返済し続けている実績があれば、B社も安心して融資を行うことができるため審査に通りやすくなります。

ただし、A社でいくら借りているかも分かりますので、A社で高額な借入れを行っていた場合には、過剰融資を避けるために融資を断る場合もあります。

このように、個人信用情報機関は融資の可否を判断するための、信用情報を共有するという役割を担っています。

日本国内の信用情報機関

日本には過去にいくつもの信用情報機関がありますが、現在利用されているのは下記の3つです。

  • CIC
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

それぞれ加盟している金融機関に違いがありますので、特徴と合わせてご紹介していきます。

CIC

CICは割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関が正式名称で、クレジットカード会社と信販会社が加盟している信用情報機関です。

docomoやau、ソフトバンクなどの携帯電話キャリアが加盟しているのもCICです。

信用情報の精度を維持するために、会員は月1回の情報更新が義務付けられています。

JICC(日本信用情報機構)

JICCは貸金業法に基づく指定信用情報機関になっているため、アイフル・アコム・プロミスなどの大手消費者金融をはじめ、多くの消費者金融と信販会社が加盟しています。

リアルタイムでの情報更新を行っているため、最も精度の高い情報を得られる信用情報機関となっています。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

銀行や銀行系のクレジットカード会社が加盟しているのがKSCです。

KSCは全国銀行協会が運営し、銀行だけでなく信用組合や信用金庫なども加盟しています。

官報に掲載された債務整理情報を10年間保有している唯一の信用情報機関で、銀行の審査が厳しくなる要因のひとつとされています。

信用情報開示手続きの方法と手順

自分の信用情報を調べるには、上記の個人信用情報機関に対して開示手続きを行います。

手続きの方法と流れは信用情報機関や申込み方法ごとに違います。

それぞれの方法と手順を簡単にご紹介します。

CIC

パソコン
  1. クレジット契約で登録した電話番号で電話して受付番号を取得
  2. 指定されたサイトで受付番号を入力
  3. 開示報告書の表示

利用手数料:1000円

スマートフォン
  1. クレジット契約で登録した電話番号で電話して受付番号を取得
  2. 指定されたサイトで受付番号を入力
  3. 開示報告書の表示

利用手数料:1000円

郵送
  1. 必要書類を用意
  2. 必要書類と手数料(定額小為替証書1000円分)を郵送
  3. 約10日後に開示報告書が到着

利用手数料:1000円

窓口
  1. 必要書類を用意
  2. CICの開示ご相談コーナーで受付
  3. 本人確認
  4. 開示報告書の受け取り

利用手数料:500円

JICC

スマートフォン
  1. アプリのダウンロード
  2. パスワードの発行
  3. 申込み内容の入力
  4. 本人確認書類の撮影と送付
  5. 開示手数料の支払い
  6. 手続き完了後に開示結果「信用情報記録開示書」の郵送

利用手数料:1000円

郵送
  1. 必要書類を用意
  2. 必要書類と手数料を郵送
  3. 1週間〜10日後に開示結果「信用情報記録開示書」の郵送

利用手数料:1000円

窓口
  1. 必要書類を用意
  2. 窓口で受付
  3. 開示結果「信用情報記録開示書」の受け取り

利用手数料:500円

KSC

郵送
  1. 必要書類を用意
  2. 必要書類と手数料を郵送
  3. 10日以内に開示報告書の郵送

利用手数料:1000円

信用情報開示報告書で確認するポイント

開示報告書を入手しても、 開示報告書のどこを見ていいのか分からないという人もいると思いますので、個人信用情報機関ごとにチェック項目をご紹介します。

CIC

  • 入金状況:記号にA(滞納)やP(一部入金)が続くと審査落ちしやすくなる
  • 返済状況:返済状況に「異動」の記録がつくとブラックリスト
  • 終了状況:完了と空欄以外はブラックリスト
  • 支払遅延:支払い遅延に日付があると審査落ちする可能性が高くなる

これらとは別に申込情報に複数の申込履歴が残っていると、「お金に困っている人」と判断され、申し込みブラック状態になります。

JICC

  • ファイルD「異参サ内容/異参サ発生日」:日付が登録されているとブラックリスト
  • ファイルM「支払い遅延の有無情報」:記載されているとブラックリスト
  • ファイルM「注意情報」:記載されているとブラックリスト

こちらも照会記録開示書に申込履歴が残ります。

連続しての申込みや一度にまとめて申込みをした場合には、申し込みブラックになりますので注意してください。

KSC

  • 残債額・入金区分履歴:「◯・P・-」以外の表示があると審査落ちしやすくなる
  • 返済区分:延滞と記載されているとブラックリスト
  • 完了区分:完了以外が記載されているとブラックリスト

信用情報に事故情報が保存されてしまう主な原因

  • 何度も繰り返して返済を遅らせた
  • 債務整理を行った

信用情報に事故情報が保存されてしまう原因は、この2つが考えられます。

いずれも共通しているのは「約束通りの返済をしなかった」ということです。

「返済は遅れてるけど、きちんと返している」という人もいるかもしれませんが、友だちとの待ち合わせで毎回遅刻していたら、いずれ信用を失いますよね。

お金を借りたときの信用情報も同じです。

無担保ローンは信用をベースに融資を行っていますので、約束を守れない人には融資できません。

1回の遅延くらいならミスとして見逃されますが、繰り返し遅延すると、それは約束を守る意志がないと判断され、事故情報として共有されます。

自己破産をして借金をゼロにした場合だけでなく、任意整理で利息をゼロにしたという場合も、やはり約束を守れていない人ということになります。

それどころか、会社に損害を与えたわけですから、危険人物ということで事故情報が保存されてしまいます。

信用情報を回復させる方法

信用情報に記載された事故情報を消す方法は1つしかありません。

それは、保存期間が過ぎるのを待つだけです。

個人信用情報機関ごとの保存期間は次のようになっています。

CIC

延滞情報:5年
債務整理情報:5年(自己破産:7年)
多重申込情報:6ヶ月

JICC(日本信用情報機構)

延滞情報:5年
債務整理情報:5年
多重申込情報:6ヶ月

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

延滞情報:5年
債務整理情報:5年(自己破産:10年)
多重申込情報:6ヶ月

延滞の履歴が残った場合にはいずれも5年間。

債務整理を行った場合も5年間。

ただし官報に掲載された場合、KSCには10年間、CICには7年間事故情報が保存されたままになります。

この期間はお金を借りずに待ち続けるしかありません。

ただし、ブラックリストに載った人に融資をしてはいけないわけではないため、ブラックリスト入りしていても中小の消費者金融なら融資を行ってくれる可能性はあります。

銀行や大手消費者金融は事故情報が残っている間は融資をしてくれませんので、他の方法でお金を用意しましょう。

まとめ:審査落ちした場合にはまず自分の信用情報を調べる

個人信用情報はローン審査において、とても重要な役割を担っています。

中小の消費者金融を除き、ほとんどの金融機関は、金融事故歴のある人への融資を行いません。

このため、ローン審査に落ちた場合には、まず自分がブラックリストに載っていないか確認する必要があります。

最近は、スマホ端末の分割払いを滞納して、ブラックリスト入りする人が増えています。

このように、知らないうちにブラックリスト入りしているということもありますので、必ず自分の履歴に問題がないことをチェックしておきましょう。

もし金融事故歴が残っていた場合には、それらの履歴が消えるまでは銀行や大手消費者金融からは借りることができません。

中小の消費者金融から借りられても少額融資になりますので、その場合にはお金を借りなくても済むように、毎月積み立てをしていざというときに備えておきましょう。