人にお金を借りる方法。気をつけたいマナーやルールについて解説

親や友達など身近な人にお願いする

急にお金が必要になったとき、その金額がそれほど大きくないなら、わざわざ銀行や消費者金融で借りるというのは面倒ですよね。

金融機関から借りると金利もかかりますので、できることなら身近な人にお願いして借りたいと考えている人も多いかと思います。

でも、身近な人だからこそ気をつけたいマナーやルールがあります。

ここではそんな、人からお金を借りる方法と借り方の注意点について詳しくご紹介していきます。

親戚・友人知人など身近な人に借りる

人にお金を借りるときに、まず頼りにするのは親か友人ではないでしょうか。

実家で暮らしている人なら親にお願いし、一人暮らしをしている人なら友人が多いかと思います。

身近な人だから気軽に「お金を貸して」と言いたくなりますが、もちろん借り方のマナーがあります。

  • 嘘をつかない
  • いつ返済するのかを約束する

当たり前のことに思えるかもしれませんが、いざ人にお金を借りるときには、お金が必要な本当の理由を言えなくて、ついつい嘘をついてしまいがちです。

本当は散財してお金がないのに、「財布を落とした」と同情してもらえそうな嘘をついた経験のある人いますよね。

バレなければいいじゃないかと思うかもしれませんが、こういう嘘は小さなところからバレてしまうものです。

自分がバレてないと思っているだけで、ほとんどのケースで嘘だと見抜かれています。

嘘がバレてしまうと、貸してくれる人との信頼関係が失われていきます。

また、いつまでに返すのかをきちんと伝えておくことも大事です。

「つぎ会ったときに」といった曖昧な期限ではなく、きちんと返済できる根拠も合わせて「次の給料日に返すから」と具体的に伝えるようにしてください。

返済日を決めておかないと、相手は「いつ返してくれるのだろう」と不安になってしまいます。

そういう心配をさせないためにも、返済日を約束しておく必要がありますが、それも含めて正しい借り方というものがあります。

どうすれば正しく借りられるのか詳しく見ていきましょう。

身近な間柄だからこそ、ルールは必要

人にお金を借りるとき、口約束でいつ返すか伝える人もいますが、できることなら借用書を書くようにしてください。

借用書と言っても、パソコンなどで作る必要はありません。

大事なのはきちんとした証拠を残すということです。そういう意味では名刺の裏でも問題ありません。

  • タイトルに「借用書」と記載
  • 作成日
  • 借りた日付
  • 返済日
  • 借りる金額
  • 金利
  • 返済方法
  • お金を借りたという文言
  • 借りた人の住所、氏名、押印

ここまでする必要があるの?と思うかもしれませんが、法的な効力をもたせるなら、最低限これくらいは書いておく必要があります。

また、借用書を作成したらコピーをとるようにしましょう。

上記の項目のうち、気になるのは金利ではないでしょうか。

親しい人からお金を借りるのに利息を払う必要があるのか疑問ですよね。もちろん、相手がいらないというなら利息を払う必要はありません。

でも、借りる側から「いらないよね」とするのは筋が違います。

金融機関から借りる金利よりも低い、5〜10%程度の金利で自分から提案してください。

もし利息はいらないと言われたら、返済するときにお金ではない何かをつけてください。

その場合はお菓子などの形に残らないものがおすすめです。

ちなみに、親から110万円以上借りる場合には、贈与とみなされて贈与税を払わされる可能性があります。

課税されないようにするためにも、必ず借用書を作るようにしましょう。

会社・勤め先に借りる。給与の前払いは従業員の権利

お金に困っていることを親族や友人知人に知られたくない場合、実は会社などの勤め先から借りることもできます。

借りる方法は下記の2種類です。

  • 前払い
  • 前借り

どちらも同じだと思うかもしれませんが、正確にはまったく違う借入方法です。

前払いというのは、すでに働いた分の賃金を給料日前に払ってもらう方法で、従業員の権利として認められています。

ただし、前払いが認められているのは非常時だけです。

出産や病気、災害などでどうしてもお金が必要になったときだけ、勤め先に対して請求できます。

借りられるのは、すでに働いた分だけです。

例えば月末締めで25日払いの職場で、4月5日に請求できるのは、先月分の給料と4月1日〜5日までの給料です。

自分が働いた分のお金ですので、正確には借入ではありません。

先に払ってもらうだけですので返済も必要ありません。

ただし、すぐに払ってもらえるかどうかは会社によって違います。

非常時にお金が必要だという場合には、まずは職場の上司に相談してみましょう。

もうひとつの前借りですが、こちらを認めてくれるかどうかは会社次第です。

前借りについて就業規則などで定めている会社もあれば、社長の判断で貸してくれる会社もあります。

こちらは従業員の権利ではありませんので、借りられないことも想定しておきましょう。

この場合も、必ず借用書を作成するようにしましょう。

会社に書式や申請書がある場合にはそれを利用し、ない場合には自分で作成してください。

ちなみに会社から前借りしたお金を、給料から天引きすることは禁止されています。

双方の同意があれば天引きできますが、基本的には返済日を給料日に設定して、給料として支払ってもらってから返済します。

会社に家庭の金銭事情を把握されるデメリットも

会社からお金を借りるデメリットは、家庭の金銭事情が上司や社長などに伝わってしまうということです。

入社したばかりでお金がないというのであれば、後々の笑い話になる程度ですが、ある程度長く働いているのに、前借りが必要なほどお金がないというのは、社内での信頼を失います。

少なくともお金の管理に関わる役職に付くことはできなくなりますし、大きな案件を任されなくなるケースも考えられます。

日本ではお金の管理がしっかりできていない人は、かなり厳しい目で見られる傾向にありますので、本当に困ったときの最終手段としての活用をおすすめします。

この他のデメリットとして「完済するまで会社を辞められない」と思っている人もいるようですが、これは間違いです。

完済していないことを理由に働かせるのは違法行為ですので、気にする必要はありません。

ただ、立つ鳥は跡を濁さないのが理想ですので、できるだけ完済してからの退職を目指しましょう。

赤の他人に借りる。掲示板やSNSでの融資提案は絶対に断ること

人にお金を借りる方法として、最近はインターネットの掲示板やSNSを使う人が増えています。

個人間融資と呼ばれるもので、親族や友人ではなく、まったくの赤の他人から借りるという方法です。

このような個人間融資は絶対に行わないようにしましょう。

「即日借りられる」「絶対に安全」とアピールしてきますが、実際に融資をしているのは、ほとんどのケースで個人ではなく闇金業者です。

法外な金利で貸付けをしているくらいならまだかわいい方です。

本人確認のためと免許証のコピーなどを求められ、そのコピーを悪用される事件が増えています。

「初めに保証料や手数料を払ってくれれば融資します」と言われ、お金を振り込んだら連絡が取れなくなったというような詐欺事件も起きています。

個人情報がバレてしまいますので、ストーカー被害に巻き込まれるケースもあります。

そこから性犯罪にあうリスクもあり、利用するメリットはひとつもありません。

掲示板やSNSを使った個人間融資には危険しかありませんので、何があっても利用しないでください。

まとめ:人にお金を借りるときに大事なのは誠実さ

親しき仲にも礼儀あり。人にお金を借りるときに頭に入れておくべき言葉です。

借りる相手が親友であっても家族であっても、きちんとマナーを守って誠実にお願いすること。

これが欠けていると、簡単にお互いの信頼関係が崩れてしまいます。

だからこそ、借用書を作って正しく借りることが求められますし、嘘をつかないといった姿勢が重要であるとお伝えしました。

それは勤め先から借りるような場合でも同じです。

お金の貸し借りは信頼関係によって成立しており、借りたからには信頼関係を崩すようなことにならないように注意しましょう。

あたり前のことですが、返済日は必ず守ること。

可能であれば1日でも早く返済すること。

そして同じ人から何度も借りないことが重要です。何度も借りる人は、それだけで信用が失われていきます。

いい関係を維持したいなら、友人から借りるのは1回だけにしましょう。

何度も借りるのであれば、親から借りることをおすすめします。

ただし、それでも大事なのは誠実さです。

借りたお金は返すこと、無駄遣いはしないことを心がけて、できるだけ早くお金を借りなくてすむ環境を整えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA